闇金と個人交渉するメリット・デメリット

闇金融を相手にするトラブルでは、プロでも交渉が難航したり、手続きが複雑になることも少なくないと聞きます。
金銭的に困っての借金整理のため、専門家に払うお金を節約する意味でも、「自分で交渉する!」という方もおられますが、違法業者を相手にするために必要な専門知識と交渉技術(話術)を身につけなくては、和解を取り付けるのは非常に困難だといえます。
では具体的に、個人交渉によるメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

闇金業者と個人交渉のメリット

金融業者へ自分で交渉すると費用が格段に安く抑えられる、これが最大のメリットです。
たとえば、過払い金請求の手続きを弁護士に依頼した場合、相談有料+着手金+裁判諸費用などの多額の経費が発生します。しかし自分で行うと、手続きにかかる費用は約1万前後という話しもあります。

闇金業者と個人交渉のデメリット

『すべての手続きを自分でしなければいけない』という手間がかかることです。
交渉そのものも、専門的な知識がなければ交渉がうまくいきません。背後には暴力団が控えている可能性もあるヤミ金融業者を目の前に、毅然とした態度で冷静に取引をしなくてはいけないのです。
貸金業者との駆け引きや、何度も交渉を重ねる作業は、精神的にも楽なものではないでしょう。場合によっては交渉前よりも悪化してしまうこともあります。

節約したい気持ちは判りますが、本来の目的である「闇金業者との決別」を目指して行動を起こすなら、確実に闇金業者と手を切ることが出来なければ意味がありません。そのためには個人で交渉を行うよりも、法律の専門家の介入が絶対の近道といえます。