闇金返済ジャンプとは?

闇金業者がもっとも嫌うのは完済です。

闇金業者からすると
『返済日に遅れずにキチンと返済できる能力がある人=優良顧客』
となり、安定した回収が出来るということで利益確保に繋がりますので、手放したくないものなのです。

完済されるということは、収入が減ってしまうわけですから、なんとかして完済させないように様々な手口を使いますが、中でも多いのが『ジャンプ』といわれる返済方法です。
『ジャンプ』とは、返済日に資金を用意できなかった顧客に「今月は利息分だけ払って下さい」といって、利息だけ回収することをいいます。

「返済を待ってもらえた」「返済に融通を利いてもらえた」と顧客側は勘違いしそうですが、利息しか払ってないので元金はもちろん1円も返っていません。

例えば、トイチと呼ばれる金利で20,000円借りたら、10日で2,000円の利息がつきます。
返済日には22,000円を支払えば完済となるのですが、22,000円が用意できず利息分の2,000円だけ支払う方法を『ジャンプ』といいます。
次の10日後には22,000円の10%が利息になるので2,200円の利息となり、完済するために必要な額は24,200円と増えます。

このように、ジャンプでの支払いが長引けば長引くほど、元金は返ることなく完済に必要な金額がじわじわと増えてしまう上、毎月利息分の金額を闇金業者に貢ぐことになるのです。

もともと、ヤミ金業者は「返済が可能と思われる少額融資」で、インターネットやチラシ・DMなどで顧客を誘引し、少ない金額を多くの人に融資することで、回収率をあげているというわけです。

闇金の手口は巧妙で、もっと悪質なものも存在します。
闇金業者の罠にかからないよう注意して下さい。