闇金にまじめに返済しているのになぜ完済できないのか?

闇金業者から借りたお金を、一度も遅れることなく毎月きちんと返済していませんか?
「借りたのは自分だから当たり前でしょ?」と思われるかも知れませんが、その行為は闇金業者側からみると

『毎月安定した返済ができる債権者=優良顧客』

となり、資金回収による利益確保に繋がりますので手放したくないものです。
定期的に闇金業者側から提案される少額融資のお願いを断りきれず、幾度となく少額融資を重ねてしまうので、いつまでも借金がなくならず完済出来ないケースもあります。

他にも、身内や親戚に頼み込んで返済のためにまとまったお金を用意し、一括で闇金業者に支払って完済を完了したその翌日に、闇金業者が勝手に口座にお金を振り込んでくる『押し貸し』の被害に遭う人も増えています。
『押し貸し』は「必要がない、引き取って欲しい」と苦情を言っても、送り返す口座番号などを教えて貰えず、一方的に利息を上乗せした返済金を毎月強要してくる手口です。

このように、闇金業者から優良とみなされた債権者は、どんなにまじめに返済を続けても完済させて貰えないのです。

債権者側にしてみても、住所・氏名・電話番号から、口座番号や保険証番号などの個人情報を握られているため、警察や専門家へ相談をすることで、闇金業者との関係が悪化することを恐れている背景があります。

なんとか、闇金と手を切る方法がないのかと悩んでいる方が少なくありません。