ソフト闇金とは?

従来の闇金のイメージといえば、暴力的な取立てや脅し、しつこい嫌がらせですよね。
時には身内や会社にまで電話をかけて返済を迫るなど、お金を回収するためなら、どんな手段でも利用する。
暴言や罵声による取立てなんかは当たり前、時間外の取り立ても平気で行います。

しかし、バブル崩壊後、闇金の取立てに悩んだ債務者の自殺が社会問題になりました。闇金業者としても、貸したお金を利息付で回収できなければ赤字です。
そこで一部の闇金業者が、貸付時の受け答えを丁寧で柔らかく行い、恐怖を感じるような取立てをしない『ソフト』な対応を始めたのです。
申込者の相談にも親切丁寧に対応してくれ、貸金業者としての登録も行っていることが多いようです。そしていつしか『ソフト闇金』として区分されるようになりました。

ソフト闇金の利用者には、知り合いや友人から紹介されて利用し始めるケースが一番多く、紹介してもらった手前、不義理ができずに長く付き合う羽目になることも。

優しい=良心業者というわけではありません。
ソフトでも闇金はヤミ金!ひとたび返済でトラブルになると、優しい態度は豹変し、闇金業者本来の姿で追い立てられ、厳しい取立てに怯えて暮らす生活が待っているのです。