ヤミ金業者のトイチとは?

ヤミ金業者の大抵はトイチと呼ばれている業者です。

しかしトイチと言っても借りたら10日で金利が1割という意味ではありません

貸金業者というものは知事から貸金業者登録を行って認可される事によって初めて貸金業者として営業する事が出来ます。

東京都知事から貸金業者登録を受けて3年以内の登録業者には貸金業者名簿に登録番号が「都(1)第○○○○○号」というように記載されます。

この都(1)の呼び方が通称化してトイチ業者といわれています。

なぜヤミ金業者とこのトイチが関係あるのかというと、東京都知事認可の登録業者としての肩書きがあれば、多少は信用させやすくターゲットにしている人間に貸付をしやすくなるのでヤミ金業者は貸金業者登録を行います。

しかしヤミ金業者は違法な高金利で貸付を行うので3年経たずに登録が取り消されてしまう場合がほとんどです。

そこで取り消されたヤミ金業者は社名を変更してふたたび貸金業者名簿に登録します。

こうして短いスパンで登録業者として営業を続けていくのがトイチ業者です。

この例では東京都の話なので、都1でしたが他の都道府県でも同じ事が言えます。

短い期間でしか運営しておらず、過去に似たような名前がある業者はヤミ金である可能性が高いです。

そういった業者は自己破産や債務整理をした人間をリストアップして勧誘の電話やメールを送りつづけるという手口でお金を貸すターゲットの人間を探しています。

もし急に貸金業者からのメールが来ても安易にお金を借りないようにしてください。

もし借りてしまっている場合は、専門家に相談する事をオススメします。
借金の専門家でも弁護士は、ヤミ金の関連の依頼は儲からない上に嫌がらせのターゲットにされるというリスクを考えて断られるケースが多いので、解決を目指すならヤミ金の依頼に強い専門家をしっかり探す事も大事です。

エストリーガルオフィス 公式サイト
すぐに電話で相談するなら、0120-566-276(通話無料)

ヤミ金返済5年目で気付いた最低金額返済の衝撃

消費者金融などの正規登録の貸金業者から融資を受けると、『利息』がつくのが世の常ですから、もちろん"返済"が必要となります。また完済までの返済期間が長ければ長いほど、利息を支払い続けなければなりません。
違法金利で融資を行っているヤミ金業者においては、違法性が証明できれば返済義務は免除されることがあるのですが、そのことを知らない債務者が多いのが実情です。

続きを見る

自殺者の耐えない闇金の悪質な取り立て

闇金融グループが過酷な取り立てをしていた事件で、債務者の悲惨な自殺が後を絶ちません。新聞やニュースなどで取り沙汰された事件以外にも、非常に多くの債権者が、闇金からの苦しみから逃れるための最終手段として、自殺や心中を選んでしまう世の中は間違っているのではないでしょうか?

続きを見る

闇金と個人交渉するメリット・デメリット

闇金融を相手にするトラブルでは、プロでも交渉が難航したり、手続きが複雑になることも少なくないと聞きます。
金銭的に困っての借金整理のため、専門家に払うお金を節約する意味でも、「自分で交渉する!」という方もおられますが、違法業者を相手にするために必要な専門知識と交渉技術(話術)を身につけなくては、和解を取り付けるのは非常に困難だといえます。
では具体的に、個人交渉によるメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

続きを見る

ソフト闇金とは?

従来の闇金のイメージといえば、暴力的な取立てや脅し、しつこい嫌がらせですよね。
時には身内や会社にまで電話をかけて返済を迫るなど、お金を回収するためなら、どんな手段でも利用する。
暴言や罵声による取立てなんかは当たり前、時間外の取り立ても平気で行います。

続きを見る

闇金業者のクレジットカード現金化とは?

クレジットカードには『ショッピング枠』と『キャッシング枠』があるのをご存知ですか?
買い物などの支払いに適用されるのが『ショッピング枠』、融資を受けられるのが『キャッシング枠』です。もちろんキャッシングが限度額に達していたら、本来なら返済するまで借りることはできません。

続きを見る

闇金の借金一本化(おまとめローン)被害

『おまとめローン』に興味をもったことはありませんか?

多重債務者は、消費者金融への借金が複数に渡り、支払い日や支払い場所などがバラバラになってしまいます。毎月、複数の支払いを管理するわけですが、一ヶ月に何度も訪れる返済日に振り回され、資金調達を含めて借金の返済対応に疲れてしまう傾向にあります。

続きを見る

闇金返済ジャンプとは?

闇金業者がもっとも嫌うのは完済です。

闇金業者からすると
『返済日に遅れずにキチンと返済できる能力がある人=優良顧客』
となり、安定した回収が出来るということで利益確保に繋がりますので、手放したくないものなのです。

続きを見る