闇金の取り立てを受けた時に相談するなら?

闇金業者からお金を借りた人誰もが口をそろえて地獄のような日々だったと語る「取り立て」

闇金業者は、執拗な取り立てを行い、借金をした人を徹底的に追い込んでいきます。

最初は、2万~4万なんていうすぐに返せるだろうという額を軽い気持ちで借りてしまい、法外な利息でいくら払っても元金は減るどころか法外な利息で金額は膨れ上がって行きます。

闇金は法律で定められた利息20%を超え、40~50%の法外な利息なんて事は珍しくもありません

そして利息の支払いが滞り始めたら取り立てが始まっていきます。

闇金の嫌がらせ手口

執拗な電話での取り立て

闇金は昼夜問わず1日に100件以上の電話で取り立ての催促をすることも少なくありません。
とにかく電話をかけて精神的苦痛を与え続けてお金を払うしかないと相手の余裕が無くなるように追い詰めて行きます。

言葉での脅し

闇金業者は基本的に暴力を振るう事はありません。
もし、暴力で相手に被害が出ると警察に駆け込まれてしまうリスクがあるからです。
取り立てをする時は、とにかく相手にプレッシャーになるような脅し文句を毎日浴びせ続けて精神的な余裕を奪っていきます。

周りの人間への電話

貸金業法では、理由もなくお金を借りた人の会社などに電話をかける事は禁止されている行為ですが、闇金業者には関係ありません。
親戚や会社といった周りの人間へとにかく電話をかけて闇金でお金を借りているという事を触れ回っていきます。
人間は自分自身が迷惑するよりも自分のせいで周りの人間が迷惑しているという状況の方が精神的なダメージは大きくなります。

救急車を呼ぶ等の嫌がらせ

闇金業者が電話をかけても電話を通じないようにする、電話に出てもすぐ切るといった対策を取る人もいます。
そういった人間に対しても闇金業者はどうにかして嫌がらせします。
それが出前や救急車を呼ぶことです。
いたずらだと伝えれば帰りますが、何度も来られて周りの人にも迷惑をかけていると、かなりのストレスになるでしょう。

闇金業者の取り立てを解決するなら

やはり闇金対応のプロ相談する事が一番です。 闇金業者は訴えられるリスクを考えて弁護士が介入すると取り立てをやめるケースも多く、プロに相談するというのは非常に有効な手段です。
しかし、法律事務所ならどこでも良いという訳ではありません。
闇金対応の案件は自分の事務所にも嫌がらせが来る可能性があり、依頼を断る事もあるので、ちゃんと闇金対応をしている事務所を調べる事が大切です。

闇金対応をしている事務所

エストリーガルオフィス(司法書士)

相談者の立場になって一緒に解決までサポートしてくれる司法書士事務所です。新しい事務所ですが、以前より闇金対策業務に従事(代表司法書士はアヴァンス法務事務所に所属していたそうです)していたとのこと。

通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
→ 詳しい内容・メール相談はこちらへ(公式サイト)

九段下総合法律事務所(弁護士)

多くの闇金問題を解決してきた弁護士事務所。闇金の脅迫や強引な取り立てや嫌がらせ、無理な支払い要求はすぐに相談!

→ 詳しい内容・メール相談はこちらへ(公式サイト)