冷え切った夫婦を狙うソフトヤミ金の罠

現在の日本では年々離婚率が増加しており、実に3組に1組が離婚しているそうですが、 夫婦間が冷え切って寂しい思いをしている『主婦』をターゲットに動いているヤミ金がいる事をご存知ですか?

結婚して長年連れ添っていても、世の中『おしどり夫婦』ばかりではありません。
子供を交えた会話はあっても二人きりでの会話がなく、お互いに愛情を感じることもなく、存在にすら無関心になるなど、夫婦間がすっかり冷え切ってしまった家庭も少なくないのが実情です。
経済状況や子供、世間体などを重んじて離婚を選ばず、いわゆる『仮面夫婦』を続けていると、暖かいはずの家庭には我慢が増え、満たされない寂しさが募ります。
そこに親身になって寄り添い、話や悩みを真剣に聞いてくれる第三者が現れたらどう思いますか?

お互いに目を合わせての会話がない家庭の主婦は、生活費に困っても夫に相談せず、自分でなんとかしようとする傾向にあります。 小額を複数の友人に借りたり、親族に頭を下げるなどして工面し、なんとかやりくりをするのですが、返済が滞れば友人知人や親族であっても「返してくれ」と取り立ててきます。
そんな状況に漬け込むのがヤミ金です。
「困りごとはありませんか?力になりますよ」と物腰柔らかく接してきて、家族のことからお金のことまで親身に話を聞いてくれます。 ヤミ金側からすればただの個人情報収集でしかありませんが、日々寂しい思いをして過ごしている主婦にしてみれば、神様のような存在に感じてしまうことでしょう。

親身に相談に乗っているフリをして、実際は言葉巧みに融資契約へ誘導していくのです。いつしか信頼して小額融資を契約しようものなら、あっという間に利息が膨らみ、返済困難となって多重債務へ発展していくことになります。
もちろん夫や家族に相談することもできないのではないでしょうか?

「なぜヤミ金でお金を借りてしまったんだろう」と後悔するなら解決に向けて動くべきです! ヤミ金問題を専門に扱う【エストリーガルオフィス】なら、誰にも言えないヤミ金の返済トラブルを、誰にも知られることなく解決するまでサポートしてくれます。
今すぐ無料相談へご相談下さい。