後払い現金化 simplepay(シンプルペイ)

simplepay(シンプルペイ)

給料ファクタリングとして活動していた闇金業者が次の手口として後払い現金化が主流になっており、今も新しい業者が続々とできています。 今回のシンプルペイもそういった最近増えてきている後払い現金化業者の一つです。

simplepay(シンプルペイ)の手口

simplepay(シンプルペイ)は通販サイトで商品を後払い購入してその商品をすぐに買取業者へ売却してお金が手に入るという手口です。
手続き上では商品を購入してはいますが、商品は購入者の手元に届く事はなくそのまま買取業者が買い取ってるという形で、おそらく仕入れ業者も買取業者もシンプルペイと同一業者の可能性が高く、後払い購入という形式を都合よく利用しているただの貸し金でしょう。 シンプルペイはこのほかにも、バンドルペイという系列業者を立ち上げており、そこでも全く同じ形式で活動しています。

simplepay(シンプルペイ)の取り立て

simplepay(シンプルペイ)系列は悪質な取り立てと嫌がらせ被害相談も多くある業者です。
まずは被害者本人にひっきりなしに電話をかけてスマホを使えなくするという嫌がらせをしてきます。
スマホはいまや誰でも持っているし、日常生活に無くてはならないものですが、そこに引っ切り無しに電話がかかってきてスマホを使えない状態にされるとそれだけでも結構困るものです。
そして、やはり相手は闇金業者なのでこのまま電話に出ないとどんな事をされるかと不安に思い、電話が鳴るだけでストレスに感じる人も少なくないでしょう
他にもシンプルペイは申し込み時に、セルフィー(自撮り写真)を求められますが、これは嫌がらせに使われています。
お金を払わない相手には、サイトやSNSに借り逃げの詐欺犯として、ネットに写真がバラまかれます。
悪質な詐欺を注意喚起するという名目で被害者の写真をアップして見かけたら通報をなんていう言葉を使い、まるで闇金被害者を犯罪者のように触れ回り、被害者の日常生活を壊してやろうと手を尽くしてきます。

simplepay(シンプルペイ)からの取り立てでお悩みなら

simplepay(シンプルペイ)は悪質な取り立てで被害相談をする人の多い業者です
闇金の相談もネットに写真をバラまかれたくないという気持ちがあるので、中々相談が出来ないという方も多いので、実際にはかなりの被害者いると思われます。
ネットにばら撒かれてしまった写真のデータというのはすべて消すというのは難しいので、もしバラ撒かれてしまうとデータ消去という部分の解決は難しいかもしれませんが、ほかの嫌がらせを止めるなら弁護士、司法書士に相談した方が良いかもしれません
お金はかかるので、自分の経済的事情で難しい場合もあると思いますが、闇金の問題がスムーズに解決できたという事も多いようです。

闇金相談する